その他

世界的観光地 世界遺産も、ビーチも、温泉も和歌山にはある。

Best in Travel 2021

世界的な観光ガイドブック、
ロンリープラネット。

そのロンリープラネットが選ぶ、

「Best in Travel 2021」

「2021年はここに行け」

ともとれる、
ベスト イン トラベル 2021に、

「読者が選ぶサスティナビリティーに配慮した観光地」
として、「和歌山」が選出されました。

「Best in Travel 2021」」では、

「サスティナビリティー部門」、
「コミュニティー部門」、
「ダイバーシティ部門」

の3つ部門があります。

「編集者や記者による選出(10か所)」、
「読者投票による選出(1か所)」

という2つの視点から
各部門を代表する観光地が選定。

世界中に数多ある観光地の中から
サスティナビリティー部門において、

読者投票で、

「和歌山」が1位

となっています。

観光とサスティナビリティー

サスティナビリティーとは持続可能性のこと。

ここでは観光客が地域に与える
環境、経済、社会文化的な影響を軽減し、地域を保全していく

ことを意味しており、
この度の受賞は、

熊野古道をはじめ、
高野山、串本、白浜

などの観光地や農業体験、食文化とともに、
和歌山県が誇る豊かな自然を背景として、

地域と観光資源とが持続可能な形態で
維持されてきたことが高く評価されたようです。

なお、和歌山県では、

「新型コロナウイルス感染症の収束後、
海外から多くの観光客の方々が訪れことを楽しみに、
着々と準備を進めていく。」

とのことです。

参考:わかやま通信

-その他

© 2021 COOL WAKAYAMA Powered by AFFINGER5