クール(かっこいい)和歌山の情報をピックアップ

下町情緒漂う街を1万歩ウォーキング(浅草?)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
sponsor

ここは関西の浅草か?

JR和歌山駅の近くに、

地元の人が「アロチ」と呼ぶ、

繁華街があります。

ここを歩いていると、

なんとなく、

「懐かしい」

風景に出くわします。

ここでいう

「懐かしい」は、

時間的懐かしさではなく、

「地理的懐かしさ」

とでも言いましょうか。

よく意味がわかりませんね?

簡単に言うと、

どこかに似ている

そう、浅草です!

こんな派手な

運送屋さんはいませんけど。

 

こんな粋な

サラリーマンは少ないですけど・・・

 

こんな方なら

いるかも・・・

 

・・・

 

・・

 

 

 

いや、

まず和歌山では

お見かけしませんね。。。

でも、

こうした風景なら、

ありそうじゃないですか?

この下町感漂う、

おしゃれな小料理屋?

寿司屋的なお店とか。

この路地とか。

この先には、

知る人ぞ知るお店

がありそうです。

そう、

これが和歌山市浅草

なのです。

いやいや、

アロチ

です!

JR和歌山駅とは?

そもそも、

JR和歌山駅の開業は、

1924年 大正13年

まったく想像つきませんね。

渋沢栄一さんとか、

高橋是清さんとか、

内村鑑三さんが、

まだご存命でした。

もっとわかりやすい方だと、

東条英機さんとか、

芥川龍之介さんです。

現在のJR和歌山駅というか、

界隈の歴史は、

そんなに古くないのです。

文化遺産オンライン

和歌山城下町絵図を見ても、

和歌山駅界隈までは

載っていません。

当時の東和歌山駅(現:和歌山駅)も、

第二次世界大戦の際、

爆撃を受けています。

 

御存知の通り、

浅草周辺も焼け野原。。。

 

戦後の復興

 

という意味では、

条件が似ているのです。

 

だから、町並み、

建物が似ている。

 

そして、

浅草には浅草寺があり、

大変な賑わいです。

 

浅草寺ほどの人はいませんし、

こんな人はいませんけど、

東の宮恵美須神社や、

圓満寺

という立派な、

寺社仏閣があります。

そして、

夜は夜で、

飲んで楽しい街、

それが、

和歌山市の浅草こと、

アロチ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
sponsor